HOME > 業務内容 > 海外事業

海外事業

田中測量設計事務所では、2004年8月に台湾台北市、台北捷運局の地下鉄新荘線延伸工事での坑内ジャイロ測量をご用命いただいて以来、 海外での業務実績をひとつひとつ積み重ねてまいりました。 海外での測量業務は、第1回目から数えて間もなく9年目を迎え、 台北市、高雄市、桃園県大園郷、台南市、新竹県湖口郷、新北市三重区、新竹市、シンガポール、香港の現場からのご用命も22回に上ります。 (2013年5月31日現在)
中でも当社が測量業務に携わる機会をいただきました高雄市地下鉄の紅線と橘線、 台北市地下鉄の新荘線の輔大駅延伸は、営業を開始しております。
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

海外での業務事例

こちらでは、当社がこれまでに手がけた海外での測量業務の事例をご覧いただけます。

Hong Kong Section of Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Link Contract 825 - Mai Po to Ngau Tam Mei Tunnel Hong Kong Section of Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Link Contract 825 - Mai Po to Ngau Tam Mei Tunnel Hong Kong Section of Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Link Contract 825 - Mai Po to Ngau Tam Mei Tunnel

(香港鐵路有限公司 MTR)
Hong Kong Section of Guangzhou-Shenzhen-Hong Kong Express Rail Link Contract 825 - Mai Po to Ngau Tam Mei Tunnel

広州-深圳-香港を結ぶ高速鉄道、中華人民共和国の国家プロジェクト「廣深港高速鐵路」の建設工事のうち、 香港の北部、中華人民共和国の深圳市との境に近いMai Po to Ngau Tam Mei工区の坑内ジャイロ測量を行いました。 廣深港高速鐵路のHPはこちらです。 プロジェクトの模様はこちらで公開されています。 内径8.15m、延長2,350m、上下線で2本のトンネルです。


NEWater Infrastructure Plan Extension (NIPE) Contract C4 NEWater Infrastructure Plan Extension (NIPE) Contract C4 NEWater Infrastructure Plan Extension (NIPE) Contract C4 NEWater Infrastructure Plan Extension (NIPE) Contract C4

(PUBLIC UTTILITY BOURD)
NEWater Infrastructure Plan Extension (NIPE) Contract C4 Design and Construction of 6m dia. Segmental Tunnel with twin 2200mm and twin 1200mm dia. Pipeline from Jurong Island to Gul Road / Pioneer Junction

シンガポール本島とジュロン島を結ぶ水道管を敷設するためのシールドトンネルの坑内ジャイロ測量を行いました。 内径6.0m、延長3,220m。発進立坑深度51m。海底区間が約1kmあります。


臺北都会區大衆捷運系統土城線延伸頂埔段永寧站(BL37(不含)至頂埔站(BL36))間之車站・隧道及捷渡線工程 臺北都会區大衆捷運系統土城線延伸頂埔段永寧站(BL37(不含)至頂埔站(BL36))間之車站・隧道及捷渡線工程

(臺灣臺北市政府捷運工程局)
臺北都会區大衆捷運系統土城線延伸頂埔段永寧站(BL37(不含)至頂埔站(BL36))間之車站・隧道及捷渡線工程

台湾新北市土城区の地下鉄土城線の現在の終点駅永寧駅から南西へ延伸する工事のうち、 永寧駅から頂埔駅までのシールド工事の測量業務を行いました。


核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程 核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程 核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程 核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程 核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程 核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程 核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程

(台灣電力)
核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程

台北市内湖区の電力ケーブルを設置するためのシールド工事「核一、汐止〜松湖345kv 地下電纜線土建統包工程」に関する測量業務を ご用命いただきました。工事内容:シールドマシン外径φ5.30m、掘進延長1,370m。

【現場のご紹介】
発進立坑付近は、BENQやFOXCONNなど台湾の名だたるIT企業や、 それらの企業の方々ご用達?のロールスロイス、ベントレー、フェラーリなどの販売店が並ぶ台北の中でも洗練された雰囲気のある街並みです。 その先、小学校・中学校・大学などの学校が並ぶ通りを通過し、発進から750m付近の急曲線を抜けると、台湾らしい商店街の景色に変わります。 そして最後の曲線を抜けた約200mは、台北市民のハイキングコースになっている金面山の直下を進み、 その山の中腹が到達というルートになっています。 今回の渡航期間中は雨や曇りがちな天気が続き、金面山付近を測量中も霧で下から山上を観測できるかどうかという状況でしたが、 器械を担いで高低差100mを登ったところ、うまく霧も治まり無事観測することができました。


竹園超高壓變電所出口161kV電纜線路洞道統包工程 竹園超高壓變電所出口161kV電纜線路洞道統包工程

(台灣電力)
竹園超高壓變電所出口161kV電纜線路洞道統包工程

竹園超高壓變電所出口161kV電纜線路洞道統包工程の測量業務を行いました。
現場は台湾の北西部に位置する新竹県、新竹市にまたがる新竹サイエンスパーク「新竹科学園区」内で、 周囲には工業技術研究院、清華大学、交通大学、中華大学、新竹教育大学などの高等学術研究機関が林立しています。 IT企業の真新しい建物が建ち並ぶ目抜き通りを通る電力ケーブルのシールドトンネル工事です。


臺北都會區大衆捷運系統松山線CG590A區段標工程 臺北都會區大衆捷運系統松山線CG590A區段標工程

(臺灣臺北市政府捷運工程局)
臺北都會區大衆捷運系統松山線CG590A區段標工程

地下鉄松山線シールド工事、西門站から松江南京站間約2.9kmのうち、北門站から中山站間の約1.3km区間の測量業務を行いました。 発進立坑の「中山駅」付近は台北市きっての繁華街で三越デパートなどがあり、 到達立坑は新設される「北門駅」で、その東約500mには台北駅舎がそびえております。


臺灣桃園國際機場聯外捷運系統CA450A施工標三重站(A2)尾軌(不含)至臺北(A1)間路線段土建工程 臺灣桃園國際機場聯外捷運系統CA450A施工標三重站(A2)尾軌(不含)至臺北(A1)間路線段土建工程 臺灣桃園國際機場聯外捷運系統CA450A施工標三重站(A2)尾軌(不含)至臺北(A1)間路線段土建工程 臺灣桃園國際機場聯外捷運系統CA450A施工標三重站(A2)尾軌(不含)至臺北(A1)間路線段土建工程

(臺灣臺北市政府捷運工程局)
臺灣桃園國際機場聯外捷運系統CA450A施工標三重站(A2)尾軌(不含)至臺北(A1)間路線段土建工程

台湾の国際的な航路の玄関口といえる桃園国際空港と台北市内を結ぶ交通機関建設計画のうち、 新北市三重区と台北市を結ぶシールド区間工事の測量業務を行いました。 ドット工法のシールド機が淡水という大河をくぐります。淡水をまたぐ基準点間距離は1kmを超えました。 後日、到達立坑が隣接する松山線590A工事の測量の際、このCA450A工事のドットシールド機が到達し顔を出しているのを見ることができました。 一般の市民向けの見学会も催されていました。


竹工超高壓變電所出口161KV電纜線路洞道統包工程 竹工超高壓變電所出口161KV電纜線路洞道統包工程

(台灣電力)
竹工超高壓變電所出口161KV電纜線路洞道統包工程

竹工超高壓變電所出口161KV電纜線路洞道統包工程の測量業務を行いました。 新竹県湖口郷、国道1号線の直下、全長約8km、8スパンのシールド工事。下写真の後ろには台湾高速鉄道が横断しています。


安南〜府城161KV 線安南P/S 至運河S/S 段地下電纜線路統包工程 八八水災 八八水災 八八水災

(台灣電力)
安南〜府城161KV 線安南P/S 至運河S/S 段地下電纜線路統包工程

台湾・台南市において台灣電力発注の電力ケーブル用のシールドトンネル工事 「安南〜府城161KV 線安南P/S 至運河S/S 段地下電纜線路統包工程」において、 基本測量から坑内測量までの業務をご依頼頂きました。
工事内容:シールドマシン外径φ4.53m、掘進延長2,446 m。

【現場での出来事】
2009年8月8日、日本を出発した我が測量チームは折からの台風に見舞われていた台北に、なんとか無事に到着することができたのですが、 そのあとの台北から高雄までの飛行機が台風のため休航となってしまいました。やむなく航空会社が用意した振替バスに乗り込み、一路高雄空港へ向かいました。 夜行バスでしたが、外の景色の異変には容易に気づくことができました。台湾南部の大洪水です。 日本でもニュースでホテルの建物が氾濫する川に倒壊するショッキングな映像が流されていました。台湾では「八八水災」としてニュースで途切れることなく取り上げられていました。 田畑や街中の道路も湖のように沈んでおり、川は氾濫している景色が続きます。 バスの走っている高速道路は高いところにあるため走行は出来ましたが、インターチェンジでは水没のためランプから下に出られないところもありました。 街路樹やバナナの木が倒れている道路を通り、冠水しているところを避けながら、やっとの思いで辿り着いた現場や事務所も停電になっていました。
しかし測量業務をやり遂げることができるようにご協力頂きました現場職員の皆様のおかげで無事に予定作業を乗り切ることができました。
そんな現場から「シールドマシン到達」の一報を頂けたことはまさに感慨もひとしおでした。


桃園分處機場捷運線CU02A標 桃園分處機場捷運線CU02A標

(交通部高速鐵路工程局)
臺灣桃園國際機場聯外捷運系統桃園分處機場捷運線CU02A標

台湾の国際的な航路の玄関口といえる桃園国際空港と台北市内を結ぶ交通機関建設計画のうち、 桃園空港直下のシールド区間の測量業務を行いました。 到達式の模様はこちらで公開されています。


高雄市橘線CO3 高雄市橘線CO3

(台灣高雄市政府捷運工程局)
高雄都会區大衆捷運系統 橘線CO3區段標 潛盾工程

高雄市地下鉄の橘線CO3工区の測量業務を行いました。 東西の「オレンジライン(橘線)」は2008年3月9日に営業開始いたしました。
橘線は五塊厝站から鳳山站の測量をさせていただきました。


高雄市紅線CR6 高雄市紅線CR6

(台灣高雄市政府捷運工程局)
高雄都会區大衆捷運系統 紅線CR6區段標 潛盾工程

高雄市地下鉄の紅線CR6工区の測量業務を行いました。 南北に伸びる「レッドライン(紅線)」は2008年3月9日に営業開始いたしました。
紅線は左營站から生態園区站の測量をさせていただきました。 上の画像のバックは台湾高速鉄道の左營站の駅舎です。


臺北都會區大衆捷運系統新莊線CK570E工区 臺北都會區大衆捷運系統新莊線CK570E工区 臺北都會區大衆捷運系統新莊線CK570E工区 臺北都會區大衆捷運系統新莊線CK570E工区

(台灣臺北市政府捷運工程局)
臺北都會區大衆捷運系統新莊線CK570E工区

当社が初めて海外から測量業務をご用命いただきました台北市地下鉄新荘線延伸事業の新莊站から迴龍站間のシールド工事です。 そのうち新莊站から輔大站間は2012年1月5日に営業開始いたしました。 下から2番目の画像は迴龍操車場工事(別発注工事)。 一番下の画像は開業後の輔大駅。台湾私学の雄、輔仁大学の真前の駅です。


業務内容に戻る

PAGE TOP