HOME > 測量技術 > GNSS測量

GNSS測量

GNSS( Global Navigation Satellite System)(全地球航法衛星システム)は、多数の衛星測位システムの総称で、 以前からの呼称であるGPS測量のGPS衛星(運営国:アメリカ)に加え、GLONASS衛星(運営国:ロシア)も使用されることにより改称されました。
古くは多大な時間を要した山間部や遠距離での測量も、人工衛星から送信される電波を利用することにより、時間短縮と高精度確保を可能にしました。
田中測量設計事務所では、京都で最初にGNSS測量を導入し、これまで数多くの実績を重ねてまいりました。

GNSS測量の用途

現在、GNSS測量は以下のような用途に用いられています。

  • トンネル工事の起点側・終点側での基線測量
  • シールド工事の発進側・到達側での基線測量
  • 国家座標が必要な場所での測量など

測量技術に戻る

PAGE TOP