株式会社 田中測量設計事務所

お問合わせ
075-933-7772
ジャイロ測量との歩み

ジャイロ測量との歩み
ジャイロ測量のさきがけ企業としての誇り

GYROMAT3000

弊社は、ジャイロ真北測量機を関西でいち早く導入し、今では日本全国はもとより、海外でもその技術力に高い評価をいただいております。
ここでは、当社のジャイロ測量の歩みをご紹介致します。

「ジャイロ事業の業務内容」は、こちらをご参照ください。

「ジャイロ真北測量」は、こちらをご参照ください。

ジャイロ測量との歩み

1980年■ジャイロ真北測量機以前のトンネル測量

「国鉄福知山線 第一武田尾トンネル 駅部工事」
(場所:兵庫県宝塚市玉瀬)
第一武田尾トンネル
右の写真は、弊社社長 田中達人が約40年前に撮影した国鉄福知山線第一武田尾トンネル駅部工事の坑内の様子です。
当時弊社社長が測量を担当していた現場で、トンネルの掘進工事が貫通した後に、個人の愛機で撮影した作品です。
この写真は、昭和56年(1981年)に雑誌「トンネルと地下」の表紙に採用されました。

ちなみに機材は、
BODY:Hasselblad
LENS:Distagon CF 40mm F4
です。

全紙サイズのパネルにしたカラー写真だったのですが、経年により色褪せてセピア調になっています。

社内ではこの写真を前に、社長からジャイロ真北測量機のなかった時代のトンネル現場での測量の苦労話を折に触れ聞く機会があり、現在の測量器機や作業環境が恵まれていることを再認識させられます。

1993年■ジャイロステーション【SOKKIA GP1-2】導入

tsslogo
弊社が最初にジャイロ真北測量機を導入したのが、現在のようなオートではないジャイロ真北測量機【SOKKIA GP1】でした。
オートジャイロではないために、今とは比べ物にならないくらいの時間がかかりましたが、 オートジャイロステーション【SOKKIA AGP1】の導入以前は、 主には京都市地下鉄東西線御陵工区のシールドトンネル工事などの坑内測量で活躍しました。
【SOKKIA AGP1】の画像は、ジャイロステーションの歴史を画像で綴る、SOKKIAブランドのSOKKIA MUSEUMのページ でもご覧になれます。

1994年■オートジャイロステーション【SOKKIA AGP1】導入

SOKKIA AGP1
1994年、オートジャイロステーションの取り扱いが開始されたと聞くや否や導入を決定し、、関西では一番早い導入となりました。
それがオートジャイロステーション【SOKKIA AGP1】の日本で発売された第3号機で、現在も当社で稼働しています。

その年に大阪府寝屋川市でのシールド工事にてSOKKIA AGP1での初めてジャイロ測量を実施しました。

また琵琶湖の水を京都市内に運ぶ重要な役割の導水路トンネル建設工事であった「第2疏水連絡トンネル建設工事(第二期工事)」にて、 地上ではGPS測量を、坑内ではジャイロ測量を行い、飛躍的な精度向上を実現しました。

その後まもなく、名神高速道路の天王山トンネルの4車線化のトンネル工事「名神高速道路(改築)天王山トンネル東改良工事」にて、地上ではGPS測量とジャイロ測量を融合させ、 坑内ではジャイロ測量を行い、それが当社の現在のトンネル高精度測量の基礎となっています。

続いて、舞鶴発電所新設工事の内工事用道路工事(平トンネル)(1996.12.11~1999.4.25)では、GPS測量とジャイロ測量にて得られるそれぞれの方向角の関係性と計算処理方法についての確信を掴み、 当社の現在のトンネル高精度測量の方法が確立しました。

2008年7月■オートジャイロステーション【GTS3000】開発

2008年12月■オートジャイロステーション【GTS3000】販売開始

GYROMAT3000
ドイツDMT社製のオートジャイロ「GYROMAT3000」をもとに 最新鋭のジャイロステーションを当社が開発。
短時間で高精度な結果を弾き出す抜群の操作性と安定感。
トンネル、シールド工事など究極の到達精度が求められる真北測量に欠かせない信頼のパートナー。
NEW STYLE オートジャイロステーション【GTS3000】

現在では、オートジャイロステーションGYROMAT5000やGYROMAT3000の販売代理や修理手続き代行を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

オートジャイロステーションの新ブランド、【GTS】のマークについて

GYROMAT3000方位記号をモチーフにしたこのマークは、オートジャイロが真の北を示すことを表現しています。
また円の中にある矢印は、"Accuracy"(正確さ)の頭文字「A」を表現しています。

2016年4月■ジャイロステーション【GYROMAT5000】を導入

SOKKIA GP1-2
オートジャイロステーションの最高峰【GYROMAT5000】のLEICA TS60を搭載した世界第1号機を当社が導入。
測量精度はもちろん、測量時間の短縮、操作性の向上、バッテリー容量保持性能の向上など、あらゆる面で頼れる1台となりました。

2020年9月■ジャイロ測量の体制強化のため【GYROMAT5000】の2機目を導入

SOKKIA GP1-2
トンネル工事のジャイロ測量受注増加に合わせ、オートジャイロステーション【GYROMAT5000】の2機目を導入。
現在、中央新幹線をはじめ、全国の新幹線のトンネル工事や高速道路の長大トンネルなどでその威力を発揮しております。

2021年3月■ドイツDMT社より販売・修理代理店承認を受けました。

SOKKIA GP1-2
弊社は長年の協力関係が認められ、ドイツDMT社より販売・修理代理店承認を受けております。

オートジャイロステーションのご購入・修理をご検討の際はお問い合わせください。
ご注文・お問い合わせはコチラ

メールでのお問い合わせは24時間365日受付中

075-933-7772

電話対応時間:平日8:30~17:30(定休:土日祝日)

ページトップへ戻る